2010年04月24日

「自民党のエースが夜逃げ」 民主・山岡国対委員長、舛添氏離党に(産経新聞)

 民主党の山岡賢次国対委員長は22日午後の党代議士会で、舛添要一前厚生労働相(61)らが自民党を離党し、新党を結成することについて「いかにも選挙互助会だ。『新党改革』というが、改革クラブに婿入りし、表札を変えただけ。自民党のエースが夜逃げのように出ていったことは寂しい感じだ」と批判した。そのうえで、自民党に対して「ぼろぼろ崩れている。引き留める能力もなかったのか」と揶揄(やゆ)した。

【関連記事】
舛添前厚労相が自民に離党届提出 自民は議員辞職要求
自民衝撃、集団離党…舛添やっと決断、新党旗揚げへ
八方ふさがり最後の決断 舛添新党、23日結成で最終調整
首相「私は愚か」発言 「米紙の揶揄、そのままいただいた」
舛添氏「青木氏の権力の源泉はポスト配分」
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

事業仕分け JICA大幅縮減 4法人8事業「廃止」判定(毎日新聞)
<普天間移設>「徳之島」白紙撤回を要請…首相に民主県連(毎日新聞)
不起訴不当で起訴、被告に無罪=バイク衝突死亡事故−熊本地裁(時事通信)
車中に覚せい剤もバレバレ言い訳「警察犬が置いた」(スポーツ報知)
下請代金減額は違法、日産子会社に公取委勧告(読売新聞)
posted by ニイクラ ダイスケ at 05:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。