2010年03月04日

司馬遼太郎の絵心満載、取材ノート 記念館きょうから公開(産経新聞)

 司馬遼太郎記念館(大阪府東大阪市)は司馬さんが「アメリカ素描」と「街道をゆく ニューヨーク散歩」の執筆のため、アメリカを訪れた際の取材ノートを公開した。スケッチや地図を多用し、絵心がうかがい知れる内容で、企画展は2日から始まった。

  [フォト]企画展「司馬遼太郎のメモで見る『アメリカ素描』『ニューヨーク散歩』」

 公開したのは昭和59年、60年、平成4年に渡米した際の取材ノート計11冊のうち、21ページ分。万年筆や色鉛筆を駆使し、赤や青、黄色などカラフルな色使いで事細かに記している。

 セントラルパークのメモには、自筆地図に「ハーレムに接しているため、夕方から夜はさけるべし」と注意事項を記録。街並みや船のスケッチのほか、眼鏡と口ひげが印象的な「感じのいいバーテン」など出会った人々の似顔絵もあった。

 上村洋行館長は「写真で撮るより、絵で描いた方が印象として残しやすかったのだろう」と話している。

【関連記事】
司馬さんの絵心 色鮮やかノート 大阪の記念館で一般公開
NHK「坂の上の雲」早くもDVD化
菜の花忌シンポ 「『坂の上の雲』と日露戦争」を語る
「建国」の名曲で国民意識を回復
文字に込めた龍馬の「志」 大河の題字手がけた書家・紫舟さん
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<顧客情報紛失>近畿大阪銀が150人分 名前など記載(毎日新聞)
<訃報>南方英二さん77歳=チャンバラトリオのメンバー(毎日新聞)
首相、朝鮮学校生徒との面会に意欲 高校無償化で(産経新聞)
【25%の危機】(上)迷走する国民不在の論議(産経新聞)
ルーカス・ディ・グラッシ
posted by ニイクラ ダイスケ at 18:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。